プロフィールなどアクセサリー写真の展示日記リンク問い合わせ等はこちらから

●ジャンル別
 さんご (45)
 料理 (38)
 植物 (24)
 梅干作り (7)
 お出かけ (36)
 生活・ひとりごと (51)
 作品 (1)
 キッチン (11)
 お弁当 (5)
 映画 (3)
 いただきもの (16)
 漬物 (3)
 温泉まんじゅう君 (3)
 雑貨など (2)
 物作り (19)
 未分類 (391)

●月別
 2009年02月 (10)
 2008年12月 (3)
 2008年10月 (8)
 2008年09月 (3)
 2008年08月 (4)
 2008年07月 (4)
 2008年06月 (9)
 2008年05月 (9)
 2008年04月 (6)
 2008年03月 (6)
 2008年02月 (5)
 2008年01月 (6)
 2007年12月 (4)
 2007年11月 (6)
 2007年10月 (5)
 2007年09月 (6)
 2007年08月 (7)
 2007年07月 (6)
 2007年06月 (5)
 2007年05月 (10)
 2007年04月 (4)
 2007年03月 (8)
 2007年02月 (6)
 2007年01月 (10)
 2006年12月 (14)
 2006年11月 (7)
 2006年10月 (12)
 2006年09月 (10)
 2006年08月 (10)
 2006年07月 (12)
 2006年06月 (15)
 2006年05月 (13)
 2006年04月 (13)
 2006年03月 (14)
 2006年02月 (12)
 2006年01月 (12)
 2005年12月 (12)
 2005年11月 (15)
 2005年10月 (24)
 2005年09月 (23)
 2005年08月 (21)
 2005年07月 (23)
 2005年06月 (19)
 2005年05月 (25)
 2005年04月 (23)
 2005年03月 (22)
 2005年02月 (19)
 2005年01月 (24)
 2004年12月 (19)
 2004年11月 (29)
 2004年10月 (30)
 2004年09月 (30)
 2004年08月 (3)

ムール貝

2007/01/26


近くのスーパーでごくたまに、一年に1〜2回くらいムール貝が手に入る。ニュージーランド産で、既に殻を開けて洗ってスチームされた状態でパックになっている。これで298円。お値打ちだし珍しいので見つけると買う。
多く見えるけれど、貝から外すと思ったほどの量でもないのです。夫の人は貝をいっさい食べないけれど、私一人でもなんとか食べ切れるのですよ。
貝の嫌いな人って多いですよね。私は好きだ。小はシジミから大はカキまで何でも来いです。



ホワイトソースとパン粉をかけてオーブンで焼く。グラタンですね。シンプルに美味しい。くせもなく食べやすい貝だと思う。

___________________

特商法のとこにも実名は書いてありますが、私は「久子」という名前です。
私の年代の人というより、私の母かそれ以上の年代の方に多い名前かな、と思う。ちょっと古いんだよね(笑)同級生に「私のお母さん(またはおばあちゃん)も久子っていうんだよ。一緒だね〜!」と嬉しそうに言われたことが何回かあります(笑)。

まあそれは余分な話で、今日、出かけた先で買い物をしていたときのこと。
10メートルくらい向こうに立っている一人の知らないおばあちゃまが私のほうに向かって
「久子ちゃん!久子ちゃん!」
といって手を振るのです。「へ!?」と言って立ち止まりました。
そのおばあちゃまは着物を着てショールを羽織り、白髪は薄いパープルに染め、髪と同じような色合いの眼鏡をかけた超おしゃれな方。全く知らない人なのです。
「ほら、久子ちゃん、こっちこっち!」
なおも呼び続けるおばあちゃま。固まる私。
誰だ?誰なんだ?記憶の底引き網を手繰り寄せて見れども分からない。心臓ばくばくです。

結局、私のすぐ後ろに歩いていた女性(私の母くらいの歳の。やっぱりね)がそのおばあちゃまのお連れさんだったというオチですが、知らない人が自分の名前をはっきりまっすぐ呼ぶと非常にびっくりします。
パープルの知らないおばあちゃま、私も久子なんですよ。奇遇でございますね。
いやあ、びっくりした。


洗っちゃった。

2007/01/24


先日の赤カブ。いつの間にか葉っぱが出てきた。
はじめ12〜3個くらいあって、少しずつ食べてた。冷蔵庫に入れずにカウンターの片隅に置いてあったからかな。フリフリとした小さな葉っぱが緑鮮やかでかわいい。




参ったなあ、かわいいと食べにくい。
いや、そんな事言ってないで葉っぱもおいしく食べてあげればいいんだよね。


_____________________________

私は今まで洗濯機でいろんなものを洗ってきました。
もちろん衣類もですが、それ以外にも・・・
つまり、夫の人のズボンポケットの中を確かめずに洗濯機に入れてしまうことが多々あるということです(笑)

今までのお洗濯しちゃった犯罪(?)歴
・ リップクリーム(夫の人は冬場になると唇がカサカサらしく、昔からポッケにリップ携帯の人。)
→これは洗ってしまっても大丈夫。その後も普通に使える。ただし、洗濯中にリップの蓋が開かなければですが。

・ 車のキー(正確にはキー&キーレスエントリー。キーホルダーに付けたもの)
→絶対壊れたと思ったけれどこれも大丈夫でした。洗濯後にキーレスのボタンをどきどきして押したらちゃんと車のロックが開きました。

・ 仕事関連の書き込み満載のメモ帳
→もう全くダメ。当たり前ですね、紙ですものね。申し訳ありませんでした。

・ 使用済みの湿布(ポケットには入れない物。どうして洗濯機に入ったかは不明。でもとにかく洗っちゃった)
→ぶよーん、とふやけて一回り大きくなり、一見イカのように見えなくもない。最初は何か分からず相当びびってつまみあげた・・・

そして今日、また一つやっちゃいました。
さんごのおもちゃのゴムボール。押すとキュー!と音のするやつ。
洗濯物を干していてコロンとボールが出てきたときはびっくりしました。
ポケットに入れるには大きいので(テニスボールくらいの大きさ)どこで紛れ込んだのか不明。中にたまった水を押し出したら音はちゃんと鳴りました。色がちょっと薄くなっちゃったけど。
気をつけなきゃ、と思いつつ何度もやってしまう。これからもいろんなものを洗うことでしょう(笑)
しかし、男の人はどうしてポケットにあれこれ入れるんだろう。主婦の皆さん、そう思いません?

納豆ライフを返して

2007/01/21


先日いっぱいもらったカブ。生でも美味しいからそのまま齧ったり、やっぱり漬物にするとおいしい。昨年夏からはじめたぬか漬け、まだ継続してるんですよ。夏中に2回かびさせてしまって入れ替えましたがそれ以降はなんとか順調に来ております。




濃い赤紫のカブですが中は白い。しかもぬか床に赤紫色が移るので食べるときはほとんど白です。このカブを漬け始めてからなんだかぬか全体が赤っぽくなってきてます(笑)
ぬか漬けで一番好きなのはキュウリだけれど大根とカブもおいしいです。冬野菜ばんざい。

______________

別の話。
我が家では夫の人は納豆を食べないのですが、体に良いし小さいころから食べてきたものだから私は一日おきくらいに食べます。食卓に出すと匂いがイヤだといわれるので朝晩は出さず、一人で昼を食べる日に食べることが多い。3個パックのを日曜に買ってきてだいたい一週間で食べきるのが習慣。
なのに!テレビ番組で納豆がダイエットに効くと放送したらしくて、私が利用するスーパー全てで納豆が売り切れ。高いやつまですべてです。
私は夕方買い物に行きます。この13日間、納豆を一度も買えません。非常に迷惑です。
「朝一で買いに行けばあるんじゃない」と夫の人が言いますが、生活のパターンを買えてまで買うなんてイヤだ。早く正常に戻って欲しい〜!
たとえば「にがり」とか「寒天」が流行って売り切れ続出のときは別になんとも思わなかった。何故なら私の日々の生活には両方とも関係なかったから。でも納豆はいつも冷蔵庫に入れておきたいもの。頼むから普通に買わせてよ〜。
どうも昨夜くらいからヤフーのニュースでその納豆ダイエットの結果とかに捏造があったとかって出ているみたい。これで落ち着くことを祈る。
私の静かな日々の納豆ライフを返しておくれ。

_____________

また別の話。
先週は仕事でずっと忙しくしておりました。帰宅もいつもより遅めだった。そして日記もサボりっぱなしでした。頑張って仕事をして帰ってくると、夕飯を作るのが精一杯で他のことはほとんどできない。それに、最近疲れがすぐに残ってしまう。歳のせいか?
昨日も土曜で休みなのに仕事関連の勉強会があって出かけました。ふう。

それで、私がどこで働いているのか今まで書かずに来ました。特に意味はないのですが何となく。
まあ書いたほうが方が分かりやすいかな、と思い始めたので書きます。
私は某郵便局で働いています。大学を出てから約10年勤めて、数年前に一度辞職したので今は非常勤職員なのですがある特定局の窓口で働き続けています。
郵便局はいよいよ今年の10月から完全に民営化となるのでいろいろと変わってくるようです。なにしろ株式会社になるんだからそりゃあ変わるよな(笑)。根本的な体質が変わるんだものね。
そのために勉強会がある訳です。ルールも、使っている端末も変わってしまう。きっと大変だけれど、変化を直接かかわりながら見ていけるのは結構貴重な体験かな、と思うことにする。


      古い記事 ->  


(C)2008 Api