プロフィールなどアクセサリー写真の展示日記リンク問い合わせ等はこちらから

●ジャンル別
 さんご (45)
 料理 (38)
 植物 (24)
 梅干作り (7)
 お出かけ (36)
 生活・ひとりごと (51)
 作品 (1)
 キッチン (11)
 お弁当 (5)
 映画 (3)
 いただきもの (16)
 漬物 (3)
 温泉まんじゅう君 (3)
 雑貨など (2)
 物作り (19)
 未分類 (391)

●月別
 2009年02月 (10)
 2008年12月 (3)
 2008年10月 (8)
 2008年09月 (3)
 2008年08月 (4)
 2008年07月 (4)
 2008年06月 (9)
 2008年05月 (9)
 2008年04月 (6)
 2008年03月 (6)
 2008年02月 (5)
 2008年01月 (6)
 2007年12月 (4)
 2007年11月 (6)
 2007年10月 (5)
 2007年09月 (6)
 2007年08月 (7)
 2007年07月 (6)
 2007年06月 (5)
 2007年05月 (10)
 2007年04月 (4)
 2007年03月 (8)
 2007年02月 (6)
 2007年01月 (10)
 2006年12月 (14)
 2006年11月 (7)
 2006年10月 (12)
 2006年09月 (10)
 2006年08月 (10)
 2006年07月 (12)
 2006年06月 (15)
 2006年05月 (13)
 2006年04月 (13)
 2006年03月 (14)
 2006年02月 (12)
 2006年01月 (12)
 2005年12月 (12)
 2005年11月 (15)
 2005年10月 (24)
 2005年09月 (23)
 2005年08月 (21)
 2005年07月 (23)
 2005年06月 (19)
 2005年05月 (25)
 2005年04月 (23)
 2005年03月 (22)
 2005年02月 (19)
 2005年01月 (24)
 2004年12月 (19)
 2004年11月 (29)
 2004年10月 (30)
 2004年09月 (30)
 2004年08月 (3)

誰だったのでしょう

2005/03/30
幸いなことに私は花粉症に悩まされていません。他のアレルギーは持っているのでいつ発症してもおかしくないのですが、花粉量が例年より多いという今年も大丈夫みたい。
外を歩いていると多くの人が大きなマスクをしていますね。
昔に比べると、使い捨て型(?)の紙製で大きなものが主流に見える。風邪ひいたときのガーゼの小さなマスクでは花粉ガードに向かないのかな。大きな花粉マスクは目のすぐ下から顎まですっぽり包んでしまう感じだ。
先日外で仕事をしていたとき、マスクで目より下をすっぽり覆った女性が「あ!こんにちは!!」と元気に声をかけて会釈してくれた。一応「あ、どうもー!」と分かったふりをしましたが、顔中マスクで正直誰だか分からないままその場を立ち去ってしまった。大きなマスク状態だと、たまにしか会わない人はわかんないです!
ショートヘアに白いスプリングコートの女の人は誰だったのでしょう。


ぐるぐる複雑なキモチ

2005/03/27
おばあちゃんちに行く前にスーパーでイチゴとお花を買う。
今日はおじいちゃんの命日に当たるのでお供えにしてもらうため。
花は仏花じゃなくてガーベラとカーネーションにした。おじいちゃんはお洒落だし、和食よりフレンチが好きだったもんね。この方がきっと喜ぶかな、と思う。

レジに並んでいると、同じマンションの親子に会う。いつもさんごを見てかわいい!と言ってくれるお母さんと、3〜4歳くらいの女の子。女の子が私に「ねえ、おばちゃん、今日はワンちゃんいないの?」と言う。色の白い、かわいい女の子。
「スーパーには連れて来れないからお留守番してるの」と返事をした。
・・・おばちゃん、かあ。
自分から子供に「おばちゃんと遊ぼうか」って言うのは全然いいんだけど、向こうから先に「おばちゃん!」て呼ばれちゃうと、ちょっとさみしい。子供は正直だものね。友人に「いい加減開き直りな!30過ぎたらおばちゃんなんだから!」と前にも言われた。分かってるんだけどね。「お姉ちゃん」と呼ばれたところで、子供のほうが気を使ってたりしてねえ。うん、いいよ、おばちゃんで。でもね・・・。ぐるぐる複雑な私のキモチ。

道端にスミレの花が咲いてた。

がんばれ胃腸

2005/03/26
最近、確実に胃腸が弱くなった。
私の長所は「健康であること」だった。大病も怪我もなく、入院だって経験したことがない。ありがたいことです。私なりに必死に忙しく働いたりしていて、もう倒れてしまいたいと感じるくらいでも、絶対倒れたことがない。同じ物を食べて他の人が腹痛を起こしても私はケロリンパ、というのが常。丈夫に産んでくれてありがとうお母さん。

もちろん丈夫極まりなかったハタチくらいの頃、やたら友人とダイエットのことばかり話していたような時期。胃腸の弱い友人がすごく痩せていたのが羨ましくて、私も胃腸が弱かったら太らないかもしれないのに、なんてバカなことを思ったりしたものです。

そんな頑強な胃腸を誇っていた私なのに、ここ数年、特にここ一年くらいは胃腸が調子を崩すことが多い気がする。風邪を引くとついでに胃腸も故障するし、先週も2回も胃薬の世話になってしまった。すぐに治るし、じきに普通の食事も出来る。特にやせ細ることも残念ながらない。でも、確実に軟弱な胃腸になった。これって歳のせいか?


本日新作をkit accessory ともにアップしました。今回写真が極端に少なくてごめんなさい。



      古い記事 ->  


(C)2008 Api